代表からのMessageとご寄付のお願い

認定NPO法人「心のおしゃべり音楽工房」は、3つの事業の柱を掲げ、活動しております。

1.障がい者のための音楽芸術活動支援 ミュージカルスタジオ・ナイトケア事業

 何かと社会の隅でひっそりと生きていく存在になりがちな障がい者たちにも家族がいます。家族にも推しや生きがいのための時間は必要ですし、障がい者たちにも生きがいとなる活動が必要です。音楽療法士とともに行う音楽芸術活動を生きがいと感じることのできる障がい者は多く、彼らが生き生きと音楽する時間のためなら、家族も自分たちの都合で障がい者を預けるのではなく、彼らがやりたいことをやる時間のために送り出すことができます。笑顔で生き生き活動する彼らの姿は、障がい者のイメージを大きく変えるものです。
 現在、成人した障がい者には、日中活動施設での活動を終えた後の趣味の時間を充実させるような制度はありません。このため、学齢期には放課後等デイサービスがあって18:30頃までは「やること」があった彼らが、15:30から16:00には家の外でできる活動がなくなってしまうのです。彼らの人生はまだこれからなのに、です。「障がい者のためのミュージカルスタジオ・ナイトケア事業」という構想にたどり着いた背景には、こうしたご家族たちのご事情がありました。
 25年間、障がい者たちと音楽活動をしてきましたが、音楽をやり取りするときに彼らからこぼれてくるピュアで心洗われる満面の笑顔は、家族や介護者への何よりの報酬でした。そんな彼らの幸福感を、地域の皆様にもぜひ見守っていただきたいのです。多くの方々のご寄附やご支援が必要です。なにとぞよろしくお願いいたします!


2.初歩前からの乳幼児のコミュニケーション支援のための音楽芸術活動 子育て音楽サークルAiAi

 イヤイヤ期が始まるできる限り前から、心が通じる発信を音楽で行える体験を乳幼児期のお子さんたちとその保護者・保育者に届ける活動です。この子たちが未来に作る社会が、心のインクルーシブを実現できる真に優しい社会になってほしいという願いをこめた人生初期期間限定サークル活動です。子育て世代は、共働き世帯が年々増加していますが、同時に育児の負担や家計に余裕がない傾向も増えていると言われています。少しでも、それらの負担が抑えられるよう、子育てデビュー家庭(世帯)への応援プログラムとして、参加料金はワンコインからに設定しました。


3.生きにくさや不安を抱える方々のための音楽芸術活動支援 My Song Club/Sing & Movement事業

 声の大きい人が偉い人と勘違いされる世の中は終わりました。でも、いまだにそうでない学校教育も多い。そして、人生には何が起こるかわかりません。未来が予測不能であることの不安から、若者たちの中にも、HSPや自閉傾向、自殺願望、こもり人やニートと呼ばれる生き方をする人が増えています。中高年男性の自殺も減りません。でも、世界は音で溢れています。嫌な音ばかりに囲まれていてはよほどの変化がない限り明日は同じようにやってきます。心身を整え、真に健康でいるために、あるいは、不調を改善するために音楽家や音楽愛好家たちとともによりよい音環境で行う音楽芸術活動で、持病や生きにくさの克服を試みて欲しい、この活動は、希望する人や団体とのコラボレーションによってイベントを立ち上げたり、サークルを作ったりして行っていく事業です。


 障がい者のための音楽芸術活動 ミュージカルスタジオ・ナイトケア事業と、子育て世代が負担される乳幼児のための音楽芸術活動 子育て音楽サークルAiAiには、制度もないので圧倒的に資金が足りません。さまざまなプロジェクトの立ち上げ・イベントの開催・楽器の購入と維持・現場で参加者を見守り、音楽活動の手助けができる音楽家や音楽療法士の人件費などには、多くの費用が必要となります。
 どうか、これらの活動を希望されるご家族が負担に感じない価格で、事業を一人でも多くの希望者に届けられるよう、幅広いご支援をお願い申し上げます。

代表理事  中 井  深 雪

ご寄付をご検討の方、法人ご担当者様は、ぜひとも下記フォーム、または用紙のダウンロードからのメール添付等にて、お申し込みをお願い申し上げます。折り返しご連絡申し上げます。

KooKご寄付申込書(WORD) ・KooKご寄付申込書(PDF)


いろいろな応援のか・た・ち

寄付・ご支援に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム・もしくはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

電話番号

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.

お問い合わせはこちらから Lineお友達追加お問い合わせはこちらから Lineお友達追加