スタッフ日誌

中井深雪 インフォメーション

2021年06月20日

ご登録済みサポートメンバーのみなさまへ

 このたびは、サポートメンバーにご登録くださいまして、まことにありがとうございます!
 現在、正式にサポートメンバーとしてご登録くださいましたメンバーが5名、その他、高校生2名を含めたボランティアさんが4名いらっしゃいます。そしてさらに、STO(Social Technology Officer)としてインターネット等の技術をサポートしてくださっている伴走メンバーが3名、正会員は36名で、うち半数弱は音楽療法士職、半数強が、音楽療法事業を受益されている対象ご家族の皆様となっています。



 心のおしゃべり音楽工房は、障がいの有無を問わず、0歳から3歳までのお子さんの音楽的な発達サポートをはじめとして、さまざまな障がいをお持ちの方々が、音楽療法を受けて育ったり、音楽療法のお仕事に関わりながら自己治療にそのメソッドを役立ててくださったりできるような地域拠点事業を目指して活動しています。

 現在の最大の目標は、その拠点を、もう少し自由に大きな活動ができる場所に移すことです。
 しかしながら、昨年来のコロナ禍の影響で、現在の通常活動は一進一退を繰り返しています。
 代表の私は、医療従事者枠でワクチン接種を終了しました。
 トップ・セラピストの金井風花先生も、障がい施設事業従事者枠で、8月までにはワクチン接種を終える予定です。
 副代表は中野区在住のため、すでに1回目の接種を終えました。

 皆様の状況も、ぜひ、随時教えてください!
 そして、皆様の接種があと一人で終わるくらいまでになったところで、ぜひ、お目にかかって、対面でご一緒に活動を始めたいと願っております。
 ですがそうなるとまた半年後になるかもしれません。
 なので、その前に、一度Zoomでサポートメンバー交流会をしたいと考えております。

 日程は、8月の上旬頃までには、と考えております。その時には、皆さんが「音楽療法を専門とした地域拠点事業」についてどのような希望を抱いていらっしゃるのか、ぜひぜひお聞かせください!スタッフ一同、楽しみにお待ちしております!

 ボランティアさんでまだサポートメンバーにご登録がない方は、ぜひ下記からご登録をよろしくお願いいたします。





 

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.