スタッフ日誌

2013年09月08日

水戸土産

先日、茨城県民大学の講座、ミュージックセラピー楽修会(正式には、「平成25年度茨城県弘道館アカデミー県民大学前期講座 ミュージック・セラピー楽修会」)にスタッフとして参加してきました。
全5日間で20時間、概要から子どもの音楽療法、高齢者の音楽療法、精神科の音楽療法、知的障がい者や肢体不自由の方々、重複障がいの方々の音楽療法について、
講義あり、模擬セッションあり、ワークありの濃厚な講座でした。
受講生の皆さんの真剣な様子、また実践プログラムではキラキラした表情で活動する皆さんの様子がとても印象的で、
「負けていられない!私ももっと勉強を重ねなければ!」と思いました。

また、水戸の音楽療法事情も知ることができ、とても収穫の多い楽修会でした。

週をまたいではいましたが、5日間の集中講座だったため、講習会を重ねるごとに皆さんとの絆も深くなり、最後は皆さんと別れがたさを感じるほどの素敵な講習会でした。

和気藹々と講習がすすむ中、ぽろっと「水戸に来たからには印籠を買って帰らないと。」と
講義の中で言った言葉を覚えていてくださり、受講生の方がこれをプレゼントしてくださいました!

「これが目に入らぬかー!!」

20130907_051047.jpg

本当にありがとうございます!なんとも嬉しい(^o^)
黄門様ネタで使うのが今から楽しみです!

そして水戸でのもう1つのお土産。
受講生さんにこんなにかわいいツインズが!
ボーダーのワンピースにレギンス。靴は色違い!

私「揃えてきたの?」
ツインズ「たまたまですー(ハモっている)」
私「双子みたいだね!」

こんな会話がその日何度も聞こえてきました(笑)

音楽療法のお勉強を頑張っている学生さんだそうです!リズムのワークではとても楽しそうにステップを踏んでくれていました.

最後に、この度この講習にお招きいただきましたことを、心より感謝いたします!
またきっと、水戸にお邪魔したいと思います♪

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.