スタッフ日誌

篠原恵津子

2013年05月08日

【2013年度 東京都視覚障害者音楽教室 始動です=33】

私は、音楽療法の仕事の他に、視覚障害者を対象にした音楽教室の講師を務めています。
いよいよ5月18日に、今年度の開講初日を迎えました。
新しいお仲間も、男女ともに増えました。^^

音楽療法は、セッションごとに記録を取り、保護者との懇談や施設の職員とのミーティングの後、アセスメントを行い、次のセッションに活かします。

しかし、この音楽教室は、年度初めに、一年間かけて練習する曲を決めます。
対象のみなさんには、サイズ14ポイント以上の太字で書かれた“墨字版”、
そして“点字版”の二種類の歌詞を東京都盲人福祉協会のスタッフが作成してくださり、それをお配りします。

P1060161.png

視覚障害者対象ということで、楽譜は配りません。
つまり、みなさんは、音と歌詞を耳で覚えて歌うのです。

今年度練習する曲は、♪浜辺の歌、♪オーラ・リー、♪雲(星とたんぽぽより)など 9曲です。
男性カルテットやクラシック歌手などのゲストも呼んで、お楽しみもたっぷりと用意しました。

みなさんが合唱を趣味としてずっと続けてくださっていること、きれいなハーモ二―に感動してくださることなど、みなさんからいただく一つ一つの出来事に感謝しながら、音楽の指導にあたっています。

さあ、今年もたくさん、歌いましょう!

たくさん、奏でましょう!!

必ず日々の音楽の経験が、みなさんの心を豊かにすると、私は信じています。

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.