スタッフ日誌

2012年09月06日

9月6日

残暑がまだまだ厳しいですが、少しずつ少しずつ秋の気配がしてきましたね。

こどもたちの楽しかった夏休みも終わって、2学期がスタートしました。

季節が変わって行くのと同じように、こどもたちと歌う楽曲も少しずつ衣替えです。

今日は可愛らしいこびとの姿が目に浮かぶ、

「♪秋のこびと オータムタム」

をある女の子とのセッションで歌いました。

彼女は、音楽の中で踊ったり、笑ったり、泣いたりして表情豊かに気持ちを表現するのが上手。
だけど、一緒に歌ったことはこれまで一度もありませんでした。

前奏が始まると、トランポリンに座り、手拍子しながら首を振ってとても上機嫌♪

するとどこからか、ひそひそと話し声が聞こえました。

よーく耳をすましていると、彼女がとても小さい声で何かおしゃべりしていました。

まるで「こびと」とおしゃべりしているようでした。

「こびと」とのおしゃべりに参加させてもらおうと、隣に座って歌っていると、間奏に入った途端に「♪オータムタム?」と音楽室にいる全員に聴こえるような大きな声で歌ってくれたのです。

でもその大きな声は「こびと」には大きすぎたのか、すぐにひそひそ声に戻ってしまいました。

「こびと」とのないしょ話を少しだけ教えてもらえたような気がして私は嬉しく思いました。

これからどんなないしょ話を私たちに教えてくれるのか楽しみです☆

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.