スタッフ日誌

篠原恵津子

2012年07月21日

‘東日本大震災復興支援チャリティコンサート’に向けて その 1

今日は、月1回の視覚障害者音楽教室でした。

今年度は、震災復興支援を目的とした、チャリティコンサートを11月に開く予定です。

音楽教室に毎回参加してくださる方々の中に、おひとりだけ男性がいらっしゃいます。
そのYさんは、コカリナという手の平に入ってしまうくらいの大きさの笛を習得するために
音楽教室にいらしていましたが、女性ばかりの合唱練習にも、進んで声を出してくださっています。

Yさんには主旋律を1オクターブ下で歌っていただいていますが、女声二声に男声が入ることで、音に広がりが出て、曲に深みがでます。

このハーモニーに、テノールとバスが加われば、さぞ素晴らしいだろう、とかねてから思っていました。

この思いが叶い、今回のチャリティコンサートは、混声合唱コーラスグループとのジョイントです。

さあ、本番の11月まで、あと残すところ4か月、溶け合うようなハーモニーを追求していきたいと思います。

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.