スタッフ日誌

中井深雪

2012年03月01日

3月1日

2月25日は月に一度の精神科でのセッションでした。2月はデイケア。

10年ぶりに精神科臨床に復帰して一年半が経とうとしています。
今回の音楽療法参加者は18名。ちょっと多いくらいですが、イイ感じの賑やかさでした。
冒頭から、待ってましたとばかりに楽器が鳴ります。
思う存分音を出して発散したい方たちと、静かに音に浸りたい方たちが一体となって居心地を確保するためには、それらの音を取りこぼしなく包容し得るサウンド・コントロールが必要です。

グッと、私に気合いが入ります。

私のセッションでは、精神科に限らず、導入時に一気にストーリーやテーマに添った「雰囲気」を作り上げるため、即興で簡単な合唱に誘う事が多く、この日もまず、どんな歌にしようかな、と考えながらピアノを弾き始めました。

まぁーーー今年の冬と来たら、毎日寒すぎて、もうじき3月になるというのに、いったいいつになったらあたたかくなるの?と、季節に文句の一つも言いたくなる日が続いていますよね。

東京は昨日 雪、しかも吹雪でしたし!

この日のプログラムは、そんな春到来への思いをこめた「春待ち特集」でした。

では、今回は音で聞いていただきましょう。
YouTubeで音声をアップする方法をようやく覚えました(^^;。

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.