スタッフ日誌

2021年04月02日

第4回世田谷区音楽療法ライブ2021 実施報告

このイベントは赤い羽根共同募金助成事業です。

全体写真を撮る時のみ、マスクをはずさせていただきました。

 なかなか終わらないコロナ禍の中、今年は、国立音楽院さまの共催の下、1階オアシスとテラスをお借りして開催いたしました。

 国立音楽院の音楽療法学科の学生さんたち有志10名もお手伝いくださり、賑やかに参加者のみなさんを迎えます。

 今年の参加出演者は、正会員の御子息、御令嬢7名に加え、無料入場券による募集にご応募くださり、ご参加くださった僅か7名のみなさんです。

 会場は路上に面した換気バッチリの場所でしたが、それでも会場内にお入りいただける人数は5組10名まで、会場隣接の野外テラスからのご観覧も10名まで、と制限を設け、無料入場券は20枚のご用意とさせていただきましたが、おかげさまで全て配布することができました。また、今回初めて、無料配信鑑賞券のほかに、配信鑑賞ご支援券というご寄付チケットをご用意させていただきましたところ、思った以上にたくさんの方にご購入いただきました!!!まことにありがとうございました。

 お客様参加型ステージ兼会場は、常にドアを開放し、十分な換気に努め、参加者のみなさまには、入場時の検温、手指消毒、イベント中もマスク着用をお願いし、接触アプリ(COCOA)の利用をお勧めいたしました。また、15分ごとにWater Breakを設け、どなたも興奮しすぎないように、また、体調面の見守りも行いました。

 イベントは、14時から始まり、同時に、YouTube限定公開での配信を行いました。昨年、公開で行ったYouTube生ライブ配信に比べ、倍以上の方々がYouTubeライブを視聴してくださいました。感動です!

 そして何より、参加された方達、特に、日頃お目にかかることのないゲストのみなさまが、本当に楽しそうに、嬉しそうに参加され、お帰りになるご様子に、一同、みなさんのこの笑顔のために、これからも、ゆうたバンドと音楽療法士たちによる「音楽療法ライブ」を続けていこうじゃないか!と決意を新たにいたしました。

 ご寄付によるご支援をいただけたこと、そして、参加された方々の笑顔、さらに、配信動画の視聴回数、
これらが、4回目にしてこのプロジェクトが着実に世田谷区のこの地の恒例のイベントとして認知されつつあることを確信させてくれました。本当に励みになりました。共催の国立音楽院様、参加される学生さんたちの取りまとめをしてくださった教務課島田典明様、会場まで足を運んでくださいました協賛の明治安田生命保険相互会社様をはじめ、取材にいらしてくださったライターさん、カメラマンさん、配信を一手に引き受けてくださったフォトグラファー&ライター加藤誠さん、美しい均一な音を作ってくださった音響師の秀夫先生、ボランティアのみなさま、そしてご支援者・ご鑑賞者様方を含め、ミュージックセラピーの日のこのイベントに参加してくださったすべてのみなさまに、この場をお借りいたしまして心よりの感謝を申し上げます。

 来年また、ぜひお会いしましょう!それまで、コロナ禍に負けず、どうかお元気でお過ごしください!

♪~・.:・*・:.・♪~・.:・*・:.・♪~・.:・*・:.・♪~・.:・*・:.・♪~・

実施日時:今年のミュージック・セラピーの日 2021(令和3)年3月27日 14:00〜15:30

参加者:1)出演者 32名 うち ゆうたバンド 2名  音楽療法対象者 11名(MTKooK正会員5名 非会員7名) 音楽療法士 8名  音楽療法学科学生 10名   ゲスト奏者 1名   2)保護者・介護者 11名  3)撮影・音響・配信・会場スタッフ・ボランティア 6名 4)来場客 5名  5)配信鑑賞者数 文末参照

今回、限定公開にさせていただきました、YouTubeライブ配信

2021(令和3)年3月31日現在、
動画の視聴回数は164回でした。

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.