スタッフ日誌

中井深雪 インフォメーション ストーリー

2015年12月31日

【2016年 NPO法人 心のおしゃべり音楽工房 がはじまります!】

年末、節目のご挨拶を申し上げます。

みなさま、今年はどのような一年でしたでしょうか。
私は、年明けから、さまざまな経験をしました。

3月、Readyforというクラウド・ファンディングで「調達者」としての資金集めを試み、撃沈。
その後、おつき合いの長い施設のクライエント3名の方々との永の別れがありました。
20年前に音楽療法士を目指して以来の関係者もなんと一気に3人も、旅立ってしまいました。皆、40代後半から50代前半の働き盛りの方々でした。。。
身内にも、幼馴染の大切なご家族にも、悲しいお別れがありました。

私だけではなく、大きな節目や変化の時には、さらに大きな別離もあり得るものという体験をしたスタッフもいました…。

一方、私事ではありますが、母校同窓会の100周年記念ミサに、信者ではありませんが、聖歌隊として参加し、歌うことの原点に回帰する体験がありました。
年齢を重ね、クライエントのみなさんと、多岐に渡るジャンルのさまざまな楽曲を演奏・歌唱してきて、いつの間にか見失っていたより良い発声を、今、改めて取り戻すべく、日々、若いアーティストや、逆にずっとご高齢の先輩歌手からも学びながら、自主トレに励んでおります。

また、教え子でもある弊工房のセラピストが、20歳から10年間のたゆまぬ努力によって素晴らしい成長を遂げ、大きな本物のセラピストとして成熟し、私の片腕以上に活躍してくれるという喜びもありました。丁度今年は、そんな彼女が日本音楽療法学会の認定の第1回目の更新を迎える年でした。

そして、12月、2011年からずっと、迷いながらも検討・模索してきて、8月31日についに東京都に申請を出したNPO法人として、18日に都からの認可が下りました。

NPO法人登記申請

25日この日はクリスマスで、なおかつ先述のスタッフの誕生日でもありました。MTN心のおしゃべり音楽工房は、NPO法人として登記申請を済ませました。

その少し前、12月9日に臨床経験丸20年を迎え、それに引き続いての法人化でした。そしてこれに伴って、1998年7月7日に前身の「MTN世田谷対話音楽工房」として始動し、2012年2月20日に改称した弊団体「MTN心のおしゃべり音楽工房」の名はその役割を終えることとなりましたが、私の中に悔いはありません。

2016年1月6日に登記が完了する予定です。
その後は、
音楽療法の「特定非営利活動法人心のおしゃべり音楽工房」
として、MTNは生まれ変わります。
NPOになると、できる事業は増えます。
同時に、すでに9月より、弊法人は、広く共に活動してくれるセラピストを募集もしております。

「私」ではなく、はっきりと「私たち」と言えるようになります。

今後、私たちにできることに、どうぞご期待ください。
昔大好きだったイベントは極力いたしません。(イベント制作のプロだった時代もありましたが…(笑)。)が、4つか5つ、すでにやらなければいけない、と考えている事業はあります。

また、随時ご報告します。
まずは、この1年いただきましたご利用者さまがたのご愛顧に感謝し、年末のご挨拶をさせていただきますとともに、来年もどうぞ、NPO法人心のおしゃべり音楽工房を、よろしくお願い申し上げます。

そして、何よりも皆さまがよいお年をお迎えになられますように!

ありがとうございました♪

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.