スタッフ日誌

篠原恵津子

2012年11月26日

11月26日

先日のしゅんくんのセッションでの出来事です。

しゅんくんは、いろいろな歌を知っています。

♪かもめが翔んだ日 をリクエストするなど、好きな曲のジャンルは幅広く、初めて聞いた曲でも、すぐにサビを覚えて歌ってしまうほど、歌の構造をすぐに体に取り入れてしまう、そんな感覚を持っているしゅんくんです。

最近続けて行っているプログラムに、かるたゲーム があります。
レパートリーがたくさんあるしゅんくんだからこそできるゲームです。

かるたゲームの1曲目…

前奏 2小節目で、しゅんくんがカードを取りました。
『正解 !』

歌に入ったところで、おかあさんとコ・セラピストはようやく曲がわかりました。

♪まっくら森のうた

その日のかるたゲームはしゅんくんが

優勝

もちろん、優勝ソングは、♪まっくら森のうた

部屋を暗くして、しゅんくんがスプリングドラム、おかあさんがズブチューブ、そして、コ・セラピストがフロアタムやふくろうの擬音などで雰囲気を醸し出します。

静まり返った暗い森の中、しかし確かに力強く息づいている森、この曲の中に流れているメッセージを感じ取り、曲に浸りながら、みんなで歌いました。

しゅんくんは、いつも、歌の世界の中で、湧きあがる様々な感情を受け止め、それを表情や手ぶりで表現してくれます。

そんな姿を見ると、しゅんくんと共感できる曲をたくさん見つけたい、と思うのです。

このエピソードをご紹介するにあたり、クライエントのお母さまのご承諾をいただいております。ご承諾、ありがとうございました。

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.