スタッフ日誌

2012年08月05日

8月5日

今、日本中がロンドンオリンピックに夢中になっていますね!

体操の内村選手が個人総合で金メダルに輝いたり、サッカーは男女ともにベスト4!に進出したりと、この猛暑を忘れられるほどの興奮する場面が数多くあります。

そんな中、しゅんくんとのセッションがありました。
しゅんくんは体を動かすのが大好き。

写真に写っているカラフルな棒状の楽器、「ブームワッカー」を一人2本ずつ持ち、ZARDの♪負けないで に合わせて「日本! チャチャチャ!」と懸命に応援しました。

そのあとは、オリンピックで行われる競技の真似をしてみよう!と音楽室にあるものを使って挑戦!
ブームワッカーを使ってフェイシング、風船を使って、バレーボールとサッカー、腕を大きく動かして水泳…などなど、たくさん体を動かしました。
特に水泳が好きなしゅんくんは「スーイスーイ」と楽しそうに声を出しながら泳ぐのでした。

セッションで使用した、ZARDの♪負けないで は応援歌の代表曲として有名ですが、オリンピックの応援歌として、私が真っ先に思い出す楽曲は、

♪栄光の架橋/ゆず

「誰にも見せない泪があった 人知れず流した泪があった」

という冒頭の歌詞が、当時の私にとって大きな衝撃でした。
オリンピックに出場されている選手のみなさんの懸命な姿とともに、この歌詞が耳に入って来て、自分も頑張らなくちゃと、勇気と元気をもらえたことを思い出しました。

日本中、いや世界中の誰もが、つらい事や悲しい事を忘れて「頑張れ!」と応援したくなるオリンピックは本当にすばらしいですね。

頑張れ!日本!

このエピソードをご紹介するにあたり、クライエントのお母さまのご承諾をいただいております。ご承諾、ありがとうございました。

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.