スタッフ日誌

篠原恵津子

2012年02月16日

2月16日

先日、11歳のクライエントのお母様から、ある写真を見せていただきました。
何種類ものマスキングテープをデザインしたものです。

このクライエントは、セッションの中で、小麦粉粘土をちぎったり、クーピーでバナナを書いてくれたり、動かしにくいながらも、右手を一生懸命使ってくれています。

自分で何かを創作する時は、夢中なんでしょうね。

こんな風に、何かに没頭できる時間が、誰にとっても必要な時間なんだと感じます。

ステキな作品ができたね!

落款が玄人っぽいね。
これからもたくさんの作品を作ってね。
楽しみにしているよ!!

このエピソードをご紹介するにあたっては、クライエントのお母さまのご承諾をいただいております。ご承諾ありがとうございました。

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.