スタッフ日誌

2020年05月04日

ホームページリニューアル中と定款変更のおしらせ

略称「KooK」は「MTKooK」へ

 おうちで過ごそうキャンペーンの中、いかがお過ごしでしょうか。

 このたび、1月の年次総会にて正会員の皆様にご承認いただきました定款の変更が、4月7日付で東京都に認証されましたのでご報告申し上げます。
 また、5月1日付で、登記も無事完了いたしました。

 今回の定款の変更は、現在の実態に合わせたもので、設立後初の変更であることは言うまでもありませんが、第5章の(事業の種類)の(4)の変更と(9)の新設、および 2その他の事業の廃止と新設 というところに変更がありました。(これは定款の変更としてはとても大きなものなんです🤔)

 ほかにも、毎年の貸借対照表の公告を、官報ではなくホームページで行うことができるようにしたり、会費の額を理事会で決められるようにしたり、理事会の召集を、開催の5日前までにしなければならなかったのを2日前でOKにしたりと、より軽快な運営ができるように改訂しました。

 これから、賛助会員の会費の改訂や名称(愛称)の工夫などを行い、さらに多くの方々に支えていただけるNPOを目指したいと思います。
 そしてこの機会に、略称の「KooK」も「MusicKooK」または「MTKooK」と改めさせていただきます。

 もちろん、おしゃべりの際には「クック」と呼んでいただいて問題ありません。
 ちなみに、「KooK」は「ころのしゃべりんがくうぼう」の単語の頭をつなげたものですが、同時に「音楽でお料理する」とか「音楽を料理する」といったメッセージが籠められています。でも、「KooK」だけだと「音楽を」というところが伝わりにくいので、「Music(音楽)」をつけるか「MT(音楽療法=Music Therapy の…」をつけるかすることにいたしました。

 これからもみんなで、大好きな音楽をたくさんの楽器や声やダンスでお料理して、味わいながら、すてきなパーティーをしましょう❗️

セラピスト・メンバーを正会員と分けます

 サポート・メンバーの募集も開始!

 今後も、正会員は正会員としてワン・チームです。どなたでも入会していただくことができます。

 ただ、どなたでも立場の違いなく入会していただける、ということに誤解を招かないよう、特に若い世代のセラピストたちのために、正会員とも賛助会員とも別の「セラピスト・メンバー」というメンバー規約を設け、より広く音楽療法士・音楽療法士補の方々のご協力を募りたいと考えております。

 また、「セラピスト・メンバー」とは別に「サポート・メンバー」の募集も始めます。音楽的なスキルはセラピストのレベルに届かないけれども、音楽が大好きで、一緒に活動したい、あるいは活動をお手伝いしたいと考えてくださる方々のボランティアでのご応募を期待しております。

 そしてこれらの方々が、私たちと一緒に、あるいはそれぞれの独自のフィールドで活動しながら、音楽療法で作る新しいコミュニティの応援のために寄稿してくださる写真つきの記事を、改訂後のホームページのスタッフ日誌に「ゲスト」として掲載させていただきたいと考えております。署名付、ニックネーム、どちらでもお受けいたします。

新しいスタッフ日誌のアイコン

 さらに!

 ホームページのスタッフ日誌に寄稿してくださるサポート・メンバーのうち、心のおしゃべり音楽工房がぜひにとお願いしたい方には、有償で「サポート・コミュニケーター」として活動していただけるようにしたいと考えております。すでに初代、お一人目のコミュニケーター 天馬さんが、さんぽ。に投稿してくださいました❣️✨

 もちろん、セラピスト・メンバーにはこれまで通り、心のおしゃべり音楽工房が推進している「音楽療法ライブ」や各音楽療法事業での、セラピストとしての有償でのご協力をお願いいたします。

 現在ホームページを刷新中です。

 公開は5月中を予定しております。

 新しい「MusicKooK」の始動を、ぜひお楽しみに!

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.