スタッフ日誌

篠原恵津子

2017年03月23日

【ある施設の2014年度最終セッション】

今日のテーマは、 [お花見での出来事]

お天気もよく、施設横の公園は桜真っ盛り。
利用者のみなさんは午前中からとてもご機嫌でした。

みんなで♪さくらさくら を歌いながらお花見して、♪だんご三兄弟でお団子を食べて、3月はお別れの季節でもあるね、と卒業式定番の♪贈る言葉…
みんながよく知っている曲目のオンパレードです。

職員の皆さんも普段よりリラックスしている様子がうかがわれ、自分で楽器を選んでノリノリで鳴らし、思いっきり楽しんでいました。

利用者さんたちの多くは、仲間たちが出すそれぞれの音により、自分のやりたいこと、できることが刺激され、いつもよりも張り切って活動しているように見えました。
いつもと変わりなくマイペースな方もいましたが…^m^

まさに、ここには確実に集団力動が働いており、セッション自体の盛り上がりは2014年度の総決算、という風でした。

♪贈る言葉 の後の ♪卒業写真 では、みなさんにカメラを向けて記念写真を撮りました。
みなさんが送ってくれた視線とニコニコ笑顔が「音楽って楽しいよ」と言っているようで、音楽療法士としては最高の瞬間です。

セラピストも4名動員で行う、年に1回の贅沢セッション。
にぎやかで愉しい時間でもありますが、一年の私たちの成果の確認の時でもありました。

さあ、 4月になり、新しい年度の始まりです。

クライエントの皆さん、今年度もどうぞよろしくお願いします♪♪♪

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.