スタッフ日誌

篠原恵津子

2015年01月08日

【今年もよろしくお願いします。】

あけましておめでとうございます。

東京の学校は、今日が始業式だそうですね。

この冬休みに、自ら去年の春に個人セッションの卒業を決めた中学2年生の ひろちゃんとのセッションを行いました。
卒業した、去年の春以降は、アフターフォローで、学校の長期休暇の時に来てくれています。 長いお休みごとに 1回ずつだけ来る、というのも、本人が自分で決めました。

ひろちゃんと私のセッションは、10か月ぶり。
思春期に入ったひろちゃんとの関係を新たに築く1セッションとなるので、 気を引き締めて臨みました。

表面上はあまり緊張感が見られないひろちゃん、 最初のプログラム、いつものリコーダーアンサンブルは、セラピストにとっては ひろちゃんの今の気分を察するにふさわしい活動となり、 そして、ひろちゃんにとっては、今の気持ちを調整する活動です。

ひろちゃんの緊張しやすいセンシティブな気持ち、そして、私と合わせようという気持ち、 いくつもの気持ちが折り重なって、 遠慮がちだった音がだんだん大きくなり、 後半では、自信が出てきて、自由に演奏している様子…。
よほど気持ちがよかったのか、なかなかやめようとしませんでした。

その後も、ひろちゃんらしいプログラムをこなし、 時間きっちりじゃないと気が済まない性格なので、 最後に用意されていたプログラムは割愛となりました。

このように、小さい頃から一緒に音楽をしてきたクライエントの成長を 見届けられることも、私たちの大きな喜びです。

次回会えるのは、春休みかな??夏休みかな??

私たちと行ってきた音楽を覚えていてくれて、 それを再現してくれる、そして、進化したひろちゃんを見せてくれた…
とても、幸せな気分を味わわせてくれたセッションでした。

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.