スタッフ日誌

2013年03月26日

「仲間との音楽」

去る3月23日に、私が大学生の頃に所属していたオーケストラ「ユーゲントフィルハーモニカー」の第7回定期演奏会が開催されました。元団員である私はフロントスタッフとしてお手伝いさせていただきました。

残念ながら私は今回、客席で彼らの音楽を聴くことはできなかったのですが、一日彼らと過ごして音楽療法士を目指そうと心に決めた頃のことを思い出しました。

一人一人が音楽を心から楽しんでいる空間。
仲間と音楽を奏でているという一体感や安心感。
緊張や不安も共有しあって音楽を作っていく過程。
目指していた音楽を表現できた喜び。

仲間と音楽を共有できたことは特別なこととしていつまでも心に残るんだと思いました。
何気ない一つ一つのやり取りが積み重なって特別になっていく…
それってすごく素敵ですよね。

音楽療法においてもクライエントのみなさんにもこのような体験のできる音楽を提供しなくてはと良い刺激をもらいました。

以前紹介した♪海と僕、♪カレーライスのうた を作曲してくださった男性が、仲間ともっと音楽を楽しみたい、ということで

新曲 ♪Shake Hands

を創作してくださいました。

この楽曲はセッションを始める時にみなで歌えるハローソングです。
握手をして挨拶を交わすというシンプルな歌ですが、この楽曲が施設のみなさんにとって仲間と音楽を楽しむ入口になることを願っています。

♪Shake Hands

こんにちは ◯◯さん*
ごきげんいかが?
握手でこんにちは
よろしくね

*(ここには歌いかける相手の名前を当てはめます)

活動報告/NEWS

copyright (C) NPO KOKORO TALK MUSIC STUDIO
All Rights Reserved.